ポスグラ(PGWP)で永住権を目指す!

ポスグラ(PGWP)ビザとは?

A post-graduation work permit (PGWP)は、カナダ政府に認定された学校で8ケ月以上のサーティフィケイト(履修証明課程)、ディプロマ(修了認定課程)、ディグリー(学位課程)のいずれかを取得した場合、プログラムを終了した後に、学業と同じ長さ(最長3年)だけフルタイムで働くことができる労働許可証(ワークパーミット)です。通常の就労ビザに必要なスポンサーやジョブオファーは必要なく、カナダ国内で、どの職業でも働くことができるとても貴重なビザです。(子供が対象となる仕事、医療関係、労働リスクが伴う特殊な職種は除く)このビザを取得するとカナダの永住権が狙えるためカナダ永住希望者があこがれるビザです。

Table of Contents

PGWPを取得する理由

ポスグラは、一生に一度しか取得できないビザです。カナダでキャリアアップや就労経験を得るため、又、移民を目指す方が取得を目指します。又、在学中にポスグラの権利があるが将来の予定が決定していないという方にも貴重なビザですので申請をお勧めしています。一方、日本では、ワーホリが有名ですが、ワーホリを取得してもビザの有効期限1年間のため、なかなか専門的な仕事に就くことが難しいという点を大きく改善するのがポスグラのビザです。ポスグラビザはカナダでキャリアアップ及び永住権のチャンスが生まれるため、様々な方に知って頂きたい制度です。

YさんPGWPプログラム開始

8月18日にCCCのEAPプログラムを卒業したYさん!9月からCCCの提携校Lakeland Collegeへ入学します。まずは、ディプロマを目指し、PGWP就労ビザを取得。永住権を目指します。

若干19歳でカナダでCrop techonologyプログラムのあるLakeland Collegeへ進学すると決めて渡加したYさん。ホームスティにも恵まれ、CCCのEAPプログラムも最短で卒業!9月からロッキー山脈のあるアルバーター州へ引っ越します。Lakeland Collegeの学生アドバイザーと頻繁に連絡をとり、9月から楽しい寮生活が始まります!

ポスグラ申請条件

PGWPを目指す時は、必ず大学、カレッジが DLI CollegesリストでPGWPの資格がある学校かご自身で確認しましょう。

ポスグラ申請の流れ

ご希望の進学先・プログラムを確認

何を学びたいのか、どの分野を学びたいのか吟味して学校を選びます。その学校がポスグラを取得できる学校であるかカナダ政府サイトで確認します。

カレッジ・大学への申請資格を満たす(数か月~)

学歴(高校卒業もしくはそれ以上の場合あり)や英語力、その他専門分野の基礎知識や就労経験などを必要とする場合があります。同時に申請に必要な書類などの準備もします

カレッジ・大学プログラム卒業(8カ月~)

プログラムの開始後は、しっかりと勉強して卒業を目指しましょう。Diploma資格はおよそ2年、Advanced Diploma資格は3年、Post Graduate Certificate資格は8カ月~1年、Degreeは4年が平均的なプログラム期間となります。

プログラム卒業後、ポスグラのビザ申請開始

上記プログラムを卒業後、ポスグラのビザ申請をします。プログラムを卒業しビザの申請までは180日の申請期限を過ぎないよう手続きをします。

ビザ認可・就労開始

ビザ申請承認後、就労が可能となります。永住権を目指されている方は永住権申請に必要なポイントをしっかり稼げるよう、ご自身の学習分野とスキルドの職種をしっかりご確認してください。

まとめ

PGWPビザは、雇用主が限定されていない、自由に仕事先を選べるビザです。カナダで学び、就労経験を得てキャリアを積み、当時にカナダ永住権申請できるポイントが高くなります。とりあえずワーホリでカナダで渡航ではなく、将来の夢に近づくよう計画をたててみませんか?ご相談は、CCC日本人アドバイザーまで!

Skip to content