バンクーバーでシェアハウスを探す方法

バンクーバーでシェアハウスを探す方法

カナダ留学では滞在先にシェアハウスを選ぶ方がほとんどです。今回はバンクーバーに留学生として来られた方に向けて、シェアハウスを探す上で役立つ情報を提供します。

バンクーバーの各地域の特徴や家賃相場、シェアハウスを探す時によく使われる用語、サイトやサービス、内見時のチェックポイントなど、シェアハウスの探し方から契約に至るまでの流れを詳しく解説します。

 

目次

シェアハウスを探すときによく使われる用語

ベッドルーム

シェアハウスを探す際に、よく使われる用語を理解しておくことが大切です。入居募集の投稿を見ると、見慣れない用語がよく出てくるかと思います。


実際に部屋探しをする前に、用語の意味を確認しておきましょう。

Rent(レント)

家賃のことです。カナダでは日本と同じように1ヶ月単位で支払います。

Deposit(デポジット)

保証金のことです。デポジットは部屋の破損や退去のルール違反等がなければ、退去時に借主に返金されます。


またBC州ではデポジットはレントの半分までと定められています。それ以上の請求は違反で、1ヶ月分を請求してくるようなオーナーであれば、その部屋を借りるのはやめておいた方がよいでしょう。

Minimum Stay(ミニマムステイ)

最低の滞在期間です。物件や家主によってその期間は異なります。

ミニマムステイよりも短い期間で退去するとなった際、ペナルティがある場合もあるので、事前にオーナーに確認しましょう。

Furnished (ファーニッシュド)

家具付きという意味です。ベッドや机を買わなくていいので、留学生の皆さんにはFurnishedのお部屋がおすすめ!

逆にUnfurnishedだと家具がないので、入居時に購入しなければなりません。

オウンルーム

シェアハウスの1人部屋のことです。プライベートルームと記載されている場合もあります。

シェアルーム

1つの部屋を2人以上でシェアする部屋のことです。シェアハウスとシェアルームの意味が混同する場合がよくあるので、1人部屋を希望する方は要注意です。

リビングルーム

リビングに仕切り等をつけて部屋のように見立てた部屋です。シェアハウスの共用部分が部屋になっているため、レントの価格帯はかなり下がります。

コンドミニアム

高層住宅のことです。コンドと略して呼ばれることもあります。

価格帯は高めになりますが、住人専用のジムやプール、コワーキングスペース等を使用することができます。

デン

本来は書斎や物置として使用される部屋です。かなり狭く窓もありませんが、非常に安いため一定数の人気があります。

ソラリウム

壁の1〜2面がガラス張りで、本来は日光浴を楽しむための部屋です。デンよりかはスペースが確保されています。

こちらも一般的な部屋に比べると安いですが、夏は暑く冬は寒いといったデメリットもあります。

ベースメント

カナダの一軒家にはベースメントと呼ばれる半地下の部屋があります。家によっては完全に地下の場合もあります。

内見時のチェックポイント

check list

ハウスルール

  • シャワーやキッチンの利用時間の制限(22:00以降は使用禁止など)
  • 掃除の当番
  • 洗濯の回数
  • 友人の訪問や宿泊の可否
  • 喫煙

他のシェアメイト

sharemate
  • 国籍
  • 人数
  • 生活リズム

他のシェアメイトとの主な活動時間があまりにも違いすぎるとお互いがストレスになる場合があります。(早朝や深夜の勤務がある等)

事前にどんな人が住んでいるのか確認しておきましょう。

水回りの清潔度

bathroom
  • キッチン
  • トイレ
  • お風呂

共有スペースや備品

  • 調理器具や食器の有無
  • トイレットペーパーや洗剤等の供給有無
  • キッチンやリビングの使い方のルール
  • キッチンに個人のものをおけるスペースの有無
  • 冷蔵庫や冷凍庫のスペース

見落としがちな箇所が冷蔵庫です。入居後、冷凍庫や冷蔵庫がパンパンで使用できるスペースがない!ということがたまにあるので、内見時に見せてもらいましょう。

退去時のルール

  • ミニマムステイが何ヶ月か
  • 退去連絡の期限
  • 退去時のルールが守れなかった際のペナルティの有無

暖房設備

  • 暖房のスイッチの有無
  • 温度調整が各自でできるか
  • 私物の暖房器具の使用可否


カナダでは暖房のスイッチが家に1つしかないことがよくあります。極端な寒がりまたは暑がりの方は確認すべき事項でしょう。

バンクーバー周辺の各エリアの特徴

カナダ

シェアハウスを探す際は自分の生活に合わせてエリアを選ぶことがとても重要です。交通の便・学校や職場へのアクセスのしやすさ・治安・生活環境など、基準にすべきポイントはたくさんあります。住むエリアは生活の質を左右します。

ダウンタウン

ダウンタウンはバンクーバーの中心地で、活気ある雰囲気と賑やかなエリアです。多くの学校やオフィスがダウンタウンに集結しています。またショッピングモールやレストランもたくさんあり利便性は最高です。


ただし色んな人が集まる場所なので、治安はあまりよくありません。特に夜は気をつけたいところです。

また家賃相場もバンクーバー周辺エリアの中でもかなり高いエリアです。

イーストバンクーバー

イーストバンクーバーは、留学生に1番人気のあるエリアです。このエリアにはさまざまなショップやレストランがあり賑やかな雰囲気がある一方、少し歩くと閑静な住宅街もある、非常に住みやすい地域です。


イーストバンクーバーにはさまざまな住宅があり、予算やライフスタイルに合わせて最適な場所を選ぶことができます。また、このエリアは公共交通機関が充実していることでも知られており、交通の便も非常に高いです。

ノースバンクーバー

ノースバンクーバーは、のんびりとした雰囲気を楽しみたい方におすすめです。公園や森などの自然が多く、アウトドアアクティビティも参加しやすいエリアです。またノースバンクーバーは学校区が充実しており、ファミリー向けの住宅も数多くあります。


ダウンタウンとは入江を挟んだ向こう側にありますが、バスやシーバスなどの交通機関が充実しているため、交通の弁も高めです。家賃相場はやや高めな印象です。

リッチモンド

リッチモンドは中国系の移民が多く住んでいるエリアです。アジア系のレストラン・ショップ・スーパーマーケットが数多くあり、日本の食材や料理も手に入りやすく、日本人が住みやすいエリアの1つと言えます。


Zoon2のエリアのため、家賃相場はぐっと下がります。

バーナビー

バーナビーはバンクーバー周辺で最も大きいショッピングモール「メトロポリス」で有名ながメトロタウンがあるエリアです。自然と都会が融合したようなエリアでとても住みやすい地域です。またUBCやSFUなどの大学もあるため、学生に高い人気があります。

家賃相場

家

エリアや時期によって異なりますが、大体の価格をご紹介します。

  • オウンルーム:$700〜1,500
  • シェアルーム:$500〜900
  • デン:$600〜800
  • ソラリウム:$700〜900


極端に安い部屋は何かしらの問題があることが多いので、安いからといってすぐに飛びつくのは要注意です。(まれに本当にただ安くて綺麗な部屋というラッキーももちろんあります。)

シェアハウスを探すためのWebサイトとサービス

シェアハウスを探す際は、専用のサイトを使用することが一般的です。特によく使われるWebサイトとサービスをご紹介します。

JP Canada

Jp Canada

http://bbs.jpcanada.com/listing.php?bbs=3

日系のWebサイトで、投稿者のほとんどが日本人です。

  • 初めてシェアハウスを探す
  • 英語でのやりとりはまだ自信がない
  • シェアメイトは日本人がいい

という方にはとてもおすすめのWebサイトです。掲載されている物件は比較的きれいなものが多い印象です。

Craigslist

Craigslist

https://vancouver.craigslist.org/search/roo#search=1~gallery~0~0


バンクーバーで最もポピュラーなWebサイトです。

英語のみですが、更新頻度が非常に高く、新しい物件が数多く掲載されています。

Kijiji

kijiji

https://www.kijiji.ca/b-room-rental-roommate/vancouver/c36l1700287

こちらもバンクーバーのシェアハウス探しに人気のWebサイトです。Craigslistに比べると数は少ないですが、部屋探しの際にはぜひ使いたいサイトです。

Facebook MarketPlace

Facebook Market

http://bbs.jpcanada.com/listing.php?bbs=3

日系のWebサイトで、投稿者のほとんどが日本人です。

  • 初めてシェアハウスを探す
  • 英語でのやりとりはまだ自信がない
  • シェアメイトは日本人がいい

という方にはとてもおすすめのWebサイトです。掲載されている物件は比較的きれいなものが多い印象です。

家賃相場

家

バンクーバーではFacebookでも部屋探しをすることができます。投稿されている物件だけではなく、部屋を探しているという投稿もでき、大家さんからアプローチしてもらうという方法も取れるため、効率よく部屋探しができます。

内見から契約までの流れ

contract

内見したい部屋を探してオーナーに連絡する

不動産屋さんを使う日本の部屋探しとは異なり、バンクーバーのシェアハウス探しでは、内見希望の旨を直接オーナーに連絡をします。募集の投稿には必ずオーナーの連絡先が載っています。


もしもメールアドレスと電話番号が載っている場合は、SMSで連絡することを強くおすすめします。


カナダではSMSでのやりとりは一般的で早く連絡が取れる手段です。メールだと確認が遅れたり、迷惑メールボックスに入ってしまったりと、返信率がとても低くなります。


できるだけSMSを使うのがよいでしょう。ただメールアドレスしか載っていない場合はメールでOKです。


連絡時に記載する内容は以下の項目です。

  • 簡単な自己紹介
  • ビザの期限
  • 住みたい期間
  • 内見希望日時(第3希望ぐらいまで)


シェアハウスの入居の決め方は基本早いもの勝ちです。そのためできるだけ直近の日時を提示しましょう。

最速であれば当日に内見できる場合もあります。

内見の日程調整する

オーナーから返信があれば、内見の日程調整です。すでにこちらから希望日を提示しているのでスムーズに決められるでしょう。


また募集の投稿には実際の住所が記載されていない場合もあるので、この連絡の時に住所の確認もしておくとよいです。

内見

先述の通り入居の決め方は早いもの勝ちです。デポジットを1番早く払った人が入居できるという仕組みです。そのため内見するときは、気に入ったらすぐに契約できるようデポジットを持って行くことをおすすめします。

また可能であれば内見は友人など誰か付き添いに来てもらう方がよいです。内見の際のトラブルもゼロではないため、2人以上で行く方が安心です。

シェアハウスに到着したら、まずお部屋の中をよく見てみましょう。部屋や共有スペースの状態、害虫の有無、家具や家電などの備品、セキュリティやメンテナンスの状態などを確認します。

契約

内見してその部屋が気に入れば契約です。この部屋が気に入ったので住みたいですという旨をオーナーに伝えましょう。


デポジットの支払いと契約書にサインをしたら、それで契約完了です。

トラブルを避けるため、契約書はサインの前に必ず内容を確認しましょう。


もしも契約書がないと言われた場合は要注意です。基本はBC Housingという政府の不動産関係の機関が提示する賃貸契約のルールに則った契約書が用意されています。どうしてもない場合はハウスルールや取り決めの内容を書面に起こしてもらいましょう。


またデポジットの領収書は必ずもらってください。退去時に必要となる場合があります。


最後に入居日の最終確認をしたら終了です。

まとめ

バンクーバーでシェアハウスを探すのは、特にまだバンクーバーに慣れていない留学生にとっては大変なことかもしれません。


しかし、適切なリサーチと準備をすれば、快適で安全、そして自分のニーズに合ったシェアハウスを見つけることができます。理想の物件が見つかったら、楽しいバンクーバー生活のスタートです!

Skip to content