未経験からフロントエンドデベロッパーになるための海外留学と独学の違い

未経験からフロントエンドデベロッパーになるための海外留学と独学の違い

未経験、異業種からだけど、フロントエンドデベロッパーになりたい!

もしそうなら、この記事はあなたのためのものです。


海外留学は、フロントエンド・デベロッパーに多くの機会と経験を提供します。文化に浸り、日本とは違う国際的な教育を受けることで、フロントエンド・デベロッパーは外国を探索しながらスキルセットを拡大することができます。ただし、フロントエンド・デベロッパーとして留学することを簡単に決めるべきではありません。潜在的なメリットを理解することで、成功する経験に備えることができます。


一方、独学でフロントエンド・デベロッパーになる方法もあなたにとっては、最良の選択肢かもしれません。独学のメリットデメリット、独学に必要な学習サービスやツールの使い方を説明し、さらに貴重なアドバイスも提供します。双方を理解した上で、最適な選択をしましょう。

目次

フロントエンド開発とは?


フロントエンド開発とは、Webサイトやアプリケーションのユーザーインターフェイスやビジュアルを作成することです。これには、ビジュアル用のコーディング、ユーザー入力への対応、フロントエンドの要素とWebサイトやアプリケーションのバックエンドとの接続、Webサイトやアプリケーションが異なるデバイスや異なるブラウザーで正しく動作することの確認などが含まれることがあります。


フロントエンド・デベロッパーになるには、HTML、CSS、JavaScriptの知識が必要です。さらに、レスポンシブデザイン、アクセシビリティ、パフォーマンスの最適化など、Webデザインの原則をしっかり理解していることも役に立ちます。また、コマンドラインやGitなどのリソースの知識も重要です。

必要な学習教材とツール

フロントエンド開発を学ぶには、適切な教材やツールを入手することが重要です。ここでは、使用すべき主な教材とツールを紹介します。

ソフトウェア

Sublime TextやAtomなどのテキストエディタ、Google ChromeやMozilla Firefoxなどのウェブブラウザ、GitやBitbucketなどのバージョン管理システムなど。

コースとチュートリアル

Udemy、Codecademy、Treehouseは、HTML、CSS、JavaScript、Webデザインの原則を学び始めるには最適な場所です。さらに、オンラインにはさまざまな無料のチュートリアルがあります。

書籍

フロントエンド開発の書籍市場は、素晴らしい書籍で溢れています。しかし、最新の資料を確実に読むには、定期的に更新される電子書籍を利用するのが一番です。

参考:【2022年度版】初心者におすすめのフロントエンド学習本18選

by:SAMURAI ENGINEERさん

未経験フロントエンドデベロッパーが海外留学するメリット

フロントエンド開発を独学で学ぶメリットは、自分のペースで自由に学べることです。この方法であれば、自分の都合の良いペースで学習を進めることができ、最も興味のあるトピックを勉強することができます。


さらに、独学では、フロントエンド開発のさまざまな側面を探求し、従来のカリキュラムではカバーされていないような細かい部分を伸ばすことができます。そのため、将来的に役立つかもしれない様々なトピックの専門知識を得ることができます。


独学の主なデメリットは、計画と説明責任の欠如です。指導してくれる人がいなければ、モチベーションを維持し、学習計画に沿って行動することが難しくなります。さらに、インストラクターの指導がなければ、間違いや誤解を特定し、修正することが困難な場合もあります。

フロントエンド・デベロッパーの留学先として人気のある国

フロントエンド・デベロッパーが留学先を選ぶ際には、様々な選択肢があることを考慮する必要があります。技術的なスキルアップに関心がある人には、イギリス、フランス、ドイツなどで工学やコンピュータサイエンスのコースが提供されています。


より実践的な経験を積みたい人には、中国やインドなどの国がテクノロジーハブを設立しています。


最後に、米国やカナダなどの国は、技術イニシアチブの最前線にあることで知られており、研究と実地体験の両方の機会を提供しています。

フロントエンド・デベロッパーの海外留学戦略

フロントエンド・デベロッパーが留学する場合、現地の専門家と関係を築き、技術市場、雇用機会、文化的規範などの領域について見識を深める機会を活用する必要があります。


さらに、フロントエンド・デベロッパーは、留学中に新たな機会が生まれる可能性があるため、柔軟性を保つ必要があります。国際的な経験を最大限に生かすために、フロントエンド・デベロッパーはインターンシップを探し、語学クラスを受講し、カンファレンスやハッカソンに参加すべきです。

これらの経験は、貴重な洞察力と知識を提供し、総合的なフロントエンド・デベロッパーになることができます。

フロントエンド開発認定資格と価値創造

フロントエンド・デベロッパーとして活躍できるようになったら、フロントエンド開発の認定資格の取得を検討するのもよいでしょう。

認定資格は、あなたのスキルや知識を確認することで、あなたのキャリア志向に方向性を与え、給与を増やし、雇用主にとってより魅力的な存在にすることができます。さらに、認定資格を取得することで、この分野の最新の動向を常に把握することができ、モチベーションアップにつながります。


参考:フロントエンドに役立つ資格9選|身に付けるべきスキルから将来性までを徹底解説

by:DMMWEBCAMPさん

Create Career CollegeのCo-opプログラム​

Create Career College(クリエイトキャリアカレッジ)では、Co-opを利用したプログラムを多数用意しています。

ご相談・ご質問等ございましたら、下記のお問い合わせよりご連絡ください。

経験豊富な日本人留学アドバイザーが在籍しているため、日本語でのお問い合わせも可能です。お気軽にご相談ください。

まとめ

海外留学は、フロントエンド・デベロッパーがスキルを伸ばし、世界中のプロフェッショナルとネットワークを築くための絶好の機会です。留学の利点を理解し、適切な留学先を選び、利用可能な戦略を活用し、現地の言語を習得することで、フロントエンド・デベロッパーはその経験を最大限に生かすことができます。


一方、独学でフロントエンドデベロッパーになることは、挑戦的ではありますが、やりがいのある旅です。適切な教材とツールにアクセスし、少し指示を出せば、すぐに経験豊富なフロントエンド開発者になることができます。


さらに、資格を取得することで、新たな可能性を発見し、スキルを認められ、キャリアアップすることができます。選択肢を調べ、行動計画を立てることが、あなたの成功につながります。

Skip to content