fbpx

カナダ留学とオーストラリア留学は何が違うの?

CCC バンクーバー留学

カナダ留学とオーストラリア留学は何が違うの?

カナダ留学とオーストラリア留学の主な違いは、教育システム、文化、気候、生活費、そして移民政策にあります。教育システムについては、カナダとオーストラリアはどちらも高品質の教育システムを有していますが、カナダは北米の大学システムに基づいており、オーストラリアは英国の大学システムに基づいています。

Table of Contents

教育システム

カナダは、高品質な教育システムを有しており、世界中から多くの学生が留学しています。以下では、カナダの教育について詳しく説明します。

学校制度

カナダの学校制度は、地域によって異なりますが、一般的に、幼稚園、小学校、中学校、高校、そして大学またはカレッジに分かれています。カナダの学校は、英語とフランス語で教育を提供しており、フランス語圏ではフランス語が主要な教育言語となっています。

大学・カレッジ

カナダには、公立大学、私立大学、そしてカレッジがあります。大学は、卒業レベルの学位プログラムを提供しており、カレッジは、技術的なスキルを身につけるためのプログラムを提供しています。カナダの大学は、世界的に高い評価を受けており、研究に力を入れています。

教育質

カナダの教育質は非常に高く、国際的に評価されています。カナダの学校は、多様性と包容性を重視し、異文化を尊重する教育環境を提供しています。また、教師は高い資格を持ち、生徒と親のニーズに合わせたカスタマイズされた教育を提供することに力を入れています。

授業料・生活費

カナダの授業料は、国によって異なりますが、大学の場合は年間2万ドルから3万ドル程度で、カレッジの場合は1万ドルから2万ドル程度です。生活費は、都市によって異なりますが、月に約1,500ドルから2,000ドル程度かかることが一般的です。

留学生支援

カナダは、留学生を歓迎する国として知られており、留学生向けの支援が充実しています。留学生向けに、学校選びのアドバイスや留学生専用の住居などを提供するサービスがあります。また、留学生は学生ビザを取得する必要がありますが、ビザ申請の手続きもサポートしてもらえます。


一方、オーストラリアは、高品質な教育システムを有しており、世界中から多くの学生が留学しています。以下では、オーストラリアの教育について詳しく説明します。

学校制度

オーストラリアの学校制度は、幼稚園、小学校、中学校、そして高校に分かれています。また、大学や職業教育訓練(VET)機関もあります。オーストラリアは、英語を主要な教育言語としています。
・大学・VET
オーストラリアには、公立大学、私立大学、そしてVET機関があります。大学は、卒業レベルの学位プログラムを提供しており、VET機関は、職業訓練を提供しています。オーストラリアの大学は、国際的に高い評価を受けており、研究に力を入れています。

教育質

オーストラリアの教育質は非常に高く、国際的に評価されています。オーストラリアの学校は、多様性と包容性を重視し、異文化を尊重する教育環境を提供しています。また、教師は高い資格を持ち、生徒と親のニーズに合わせたカスタマイズされた教育を提供することに力を入れています。

授業料・生活費

オーストラリアの授業料は、国によって異なりますが、大学の場合は年間2万ドルから4万ドル程度で、VET機関の場合は1万ドルから2万ドル程度です。生活費は、都市によって異なりますが、月に約1,500ドルから2,000ドル程度かかることが一般的です。

留学生支援

オーストラリアは、留学生を歓迎する国として知られており、留学生向けの支援が充実しています。留学生向けに、学校選びのアドバイスや留学生専用の住居などを提供するサービスがあります。また、留学生は学生ビザを取得する必要がありますが、ビザ申請の手続きもサポートしてもらえます。

文化

文化については、カナダとオーストラリアは、多様な文化が共存する国ですが、文化的背景が異なります。
カナダは、北アメリカに位置する国で、多様性と包容性を重んじる国で、フランス語圏と英語圏があります。
以下では、カナダの文化について詳しく説明します。

多様性

カナダは、多文化主義を推進しており、多様な文化が共存しています。移民が多く、さまざまな国からの人々が住んでいます。カナダは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)からも認められた、難民を受け入れる国としても知られています。

四季

カナダは、四季がはっきりしており、春、夏、秋、そして冬があります。特に冬は厳しく、北部地域では氷点下30度を超えることもあります。

スポーツ

カナダでは、アイスホッケーが最も人気のスポーツで、国民的スポーツとされています。他にも、野球、バスケットボール、サッカー、アメリカンフットボールなどが人気です。

フード

カナダの代表的な食べ物としては、メープルシロップがあります。また、シーフード、ステーキ、そしてプーティンと呼ばれるフレンチフライとチーズとグレイビーソースの組み合わせが有名です。

アート・音楽

カナダには、世界的に有名な音楽アーティストが多数います。代表的なアーティストには、ジャスティン・ビーバーやドレイクなどがいます。また、映画やテレビ番組の制作でも知られています。

祝日

カナダには、国民的な祝日がいくつかあります。代表的な祝日としては、カナダ・デー(7月1日)、感謝祭、クリスマス、そして新年があります。

以上が、カナダの文化についての概要です。多様性がある国で、四季がはっきりしているなど、独自の特徴を持っています。また、アイスホッケーが国民的スポーツであることや、メープルシロップが代表的な食べ物であることなども注目されます。


一方、オーストラリアは、多様な文化を持つ英語圏の国で、アボリジニ文化が深く根付いています。
以下に、オーストラリアの文化についての概要を説明します。

多様性

オーストラリアは、移民の国として知られています。多様な民族や文化が共存し、社会全体で多様性を尊重する風潮があります。また、オーストラリアは、先住民族であるアボリジニとトレス海峡諸島民の文化も尊重されています。

スポーツ

オーストラリアでは、ラグビーやクリケット、サッカー、テニスなどが人気のスポーツです。特に、ラグビーは国民的スポーツの1つで、毎年行われるラグビーの国際大会「ラグビーワールドカップ」でも優秀な成績を収めています。

フード

オーストラリアの代表的な食べ物としては、ビーフやランプなどの肉料理があります。また、シーフードや野菜も豊富に使われたヘルシーな料理が人気です。オーストラリア固有の食材としては、マカダミアナッツやクンブチャなどがあります。

アート・音楽

オーストラリアは、世界的に有名な音楽アーティストや映画監督を多数輩出しています。代表的なアーティストには、イングリッド・バージック、ショーン・メンデス、そしてキース・アーバンなどがいます。また、オーストラリア独自の音楽ジャンル「オーストラリアン・ロック」や「アウトバック・カントリー」もあります。

祝日

オーストラリアには、国民的な祝日がいくつかあります。代表的な祝日としては、オーストラリア・デー(1月26日)、クリスマス、そして新年があります。また、地域によっては、クイーンズバースデーなどの祝日もあります。

以上が、オーストラリアの文化についての概要です。多様性があり、スポーツやフード、アート・音楽など様々な分野で特徴的な文化を持っています。また、先住民族文化の尊重や環境保護への取り組みなど、社会全体での価値観の共有が進んでいる点も注目されます。

気候

気候については、カナダは冬季が長く、極寒の気候が特徴的です。カナダは、広大な土地を有する国であり、気候も地域によって大きく異なります。以下に、カナダの気候についての概要を説明します。

東部地域(オンタリオ州、ケベック州など)

東部地域は、夏は暑く湿度が高く、冬は寒く降雪量が多い気候です。特に、セントローレンス川沿いやオンタリオ湖周辺は、湿度が高く蒸し暑い夏と、雪深い冬が特徴的です。

中部地域(マニトバ州、サスカチュワン州など)

中部地域は、夏は暑く乾燥していて、冬は極寒で乾燥した気候です。特に、プレーリー地帯は、極端に寒い冬と、乾燥した気候が続く夏が特徴的です。

西部地域(ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州など)

西部地域は、夏は暖かく乾燥していて、冬は温暖で降雪量が多い気候です。特に、ブリティッシュコロンビア州の海岸地域は、雨が多い気候であるため、湿気を嫌う人には過ごしにくいかもしれません。

北部地域(ユーコン準州、ノースウエスト準州、ヌナブト準州)

北部地域は、極地気候や亜寒帯気候が広がっており、年間を通じて寒冷で、冬は特に厳しい寒さが続きます。また、夏には24時間陽光が続く「ミッドナイトサン」という現象が起こる地域もあります。

以上が、カナダの気候についての概要です。カナダは、広大な土地を有するため、地域によって大きく異なる気候があります。留学やワーキングホリデーなどでカナダに行く際には、地域によって違う気候に対応できるように準備をすることが重要です。

一方、オーストラリアは暖かい気候で、夏季は非常に暑く乾燥しています。南半球に位置しており、気候は北部と南部で大きく異なります。

以下に、オーストラリアの気候についての概要を説明します。

北部地域(クイーンズランド州、ノーザンテリトリー、ウェスタンオーストラリア州の一部)

北部地域は、熱帯気候や亜熱帯気候が広がっており、年間を通じて暑く湿度が高い気候です。雨季と乾季の2つの季節があり、雨季には強い雨や台風に注意が必要です。

東部地域(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州、クイーンズランド州の一部)

東部地域は、海洋性気候や温暖湿潤気候が広がっており、四季がはっきりしています。夏は暑く、冬は涼しい気候であり、特に内陸部では冬は寒さが厳しいことがあります。

南部地域(南オーストラリア州、西オーストラリア州の一部、ビクトリア州の一部、タスマニア州の一部)

南部地域は、地中海性気候や温暖湿潤気候が広がっており、四季がはっきりしています。夏は暑く、冬は涼しい気候であり、内陸部では冬は寒さが厳しいことがあります。

中部地域(南オーストラリア州の一部、西オーストラリア州の一部)

中部地域は、乾燥気候が広がっており、年間を通じて乾燥しています。夏は非常に暑く、冬は涼しいですが、内陸部では夜間には寒さが厳しいことがあります。

以上が、オーストラリアの気候についての概要です。オーストラリアは南半球に位置しているため、北半球と季節が逆転していることに注意が必要です。
また、地域によって気候が大きく異なるため、旅行や留学などでオーストラリアに行く際には、地域ごとの気候を調べ、適切な準備をすることが重要です。

生活費

生活費については、カナダとオーストラリアは、どちらも先進国であり、比較的高いですが、以下に一般的な費用について比較してみます。

住宅費

カナダとオーストラリアは、大都市圏の住宅費が高く、その他の地域では低くなっています。カナダはトロントやバンクーバー、モントリオールなどの都市で、オーストラリアはシドニーやメルボルン、ブリスベンなどの都市で、住宅費が高額です。

食費

食費は、カナダの方が少し安い傾向があります。カナダは農業が盛んで、野菜や果物、乳製品などが豊富で、比較的安価に入手できます。オーストラリアも農業が盛んで、野菜や果物などが豊富ですが、輸入に頼る食材も多く、その分高額になることがあります

交通費

交通費は、カナダとオーストラリアは同じくらいで、都市部の交通網は充実しています。タクシーやレンタカーなどはどちらも高額ですが、公共交通機関を利用すると比較的安価になります。

教育費

カナダとオーストラリアは、教育費が高額ですが、オーストラリアの方が高い傾向があります。大学の学費はどちらも高額で、カナダの場合は公立大学が比較的安く、オーストラリアの場合は私立大学が高額です。

以上のように、カナダとオーストラリアの生活費は、一般的には同じくらいですが、住宅費や教育費などに微妙な違いがあります。
また、地域によっても費用が大きく異なるため、実際に住む地域に合わせた生活費の見積もりをする必要があります。

移民政策

移民政策については、カナダとオーストラリアは、移民を歓迎する国として知られています。しかし、移民プログラムには異なる要件があります。

カナダの移民政策は、多様性や包括性を重視しており、世界中から優秀な人材を受け入れるために積極的に取り組んでいます。以下に、代表的な移民プログラムについて説明します。

エクスプレスエントリー

エクスプレスエントリーは、フェデラルスキルトレードプログラム、フェデラルスキルウォーカープログラム、カナダエクスペリエンスクラスの3つのプログラムを統合したポイント制移民プログラムです。申請者は、年齢、学歴、言語能力、職歴などの要素を基にポイントが計算され、一定の基準を満たす場合に、移民の資格を得ることができます。

プロビンシャルノミネートプログラム(PNP)

プロビンシャルノミネートプログラムは、カナダの各州が独自に実施している移民プログラムで、州ごとに申請要件や申請手続きが異なります。申請者は、各州が定めた条件を満たす場合に、州からのノミネーションを受けることができます。

家族移民

カナダでは、市民権や永住権を持つ家族のスポンサーを受け入れる制度があります。スポンサーが、配偶者、子供、両親、祖父母、孫などの家族をカナダに招待することができます。

難民プログラム

カナダでは、国連の難民支援機関を通じて難民認定を受けた人や、政治的、人権的、宗教的な理由で出国が困難な人々を受け入れる制度があります。

カナダの移民政策は、多様性や包括性を重視しており、各種の移民プログラムを通じて優秀な人材を受け入れています。
また、移民を受け入れる際には、英語やフランス語の能力、職業技能や教育レベル、カナダ社会への適応力などを総合的に評価し、資格のある人材を優先的に受け入れています。

一方、オーストラリアは、移民プログラムが厳格で、移民するためには高度な専門職業に就くことが必要です。
オーストラリアの移民政策は、高度技能移民、家族移民、難民・人道的移民の3つのカテゴリーに分けられます。

経済的移民プログラム

経済的移民プログラムには、スキルを持つ労働者やビジネス投資家を対象としたプログラムがあります。スキルを持つ労働者向けのプログラムには、ポイント制を採用した「スキルセレクト」プログラムがあり、ポイントを獲得するためには、英語力、職業経験、年齢、教育などが評価されます。

ビジネス投資家向けプログラム

ビジネス投資家向けのプログラムには、「ビジネス・イノベーション・アンド・インベスメント」プログラムや「ステート・タレント・ビジネス・イノベーション・アンド・インベスメント」プログラムがあります。

人道的移民プログラム

人道的移民プログラムには、難民、保護を必要とする人、およびその他の人道的理由で移住する必要がある人々を対象としたプログラムがあります。

家族関係移民プログラム

家族関係移民プログラムには、オーストラリア永住者または市民の家族を対象としたプログラムがあります。これには、パートナー、子供、両親、およびその他の家族関係が含まれます。

オーストラリア移民局は、移民ビザの申請手続きや要件に関する情報を提供しています。移民ビザの種類や申請方法など、より詳しい情報を知りたい場合は、移民局のウェブサイトを参照することをお勧めします。


以上が、カナダ留学とオーストラリア留学の主な違いです。留学する国を選ぶ前に、自分自身の目的や予算、好みに合わせて比較し、よく考えることが重要です。

留学相談へ

LINE ID | Create Career College

LINEでのお問い合わせはこちらから!

Create Career CollegeのWebサイトをご覧いただきありがとうございます。

ご相談・ご質問等ございましたら、下記のお問い合わせよりご連絡ください。

経験豊富な日本人留学アドバイザーが在籍しているため、日本語でお気軽にご相談ください。


相談する →